コラトップ粒剤5

  • コラトップ粒剤5_3kg

寄せつけない、増やさない!水稲用本田殺菌剤コラトップシリーズ。いもち病を速く、長く抑え込みます。散布後、速やかに根から吸収されるので、散布適期が幅広く出穂5日前まで使えます。

最終更新日2019/01/30

製品カテゴリ
殺菌剤
  • 適用表
  • 製品概要
  • 製品詳細
  • 製品概要

    登録番号: 第15946号
    種類名:
    ピロキロン粒剤
    有効成分:
    ピロキロン:5.0%
    毒物及び劇物
    取締法:
    非該当
    性状: 類白色細粒
    有効年限: 4年
    包装: 3kg×8袋
    作⽤機構分類番号
    (RAC番号):
    殺菌剤分類16.1
    作⽤機構分類番号(RAC番号)の追加情報:シンジェンタの「薬剤耐性・抵抗性管理」

    製品詳細

    特長

    1. 寄せつけない、増やさない。いもち病を速く、長く抑え込みます。

    2. 散布後、速やかに根から吸収されるので、散布適期が幅広く出穂5日前まで使えます。

    上手な使い方

    •  いもち病の多発環境下では早めに散布してください。
      (多発環境下では、思ったより早くから病気の感染が始まっていることがあります。)

    • 水管理はしっかりと!
      浅水管理(3cm程度)で安定した効果が得られます。また散布後は少なくとも3~4日は湛水状態を保ち、散布後7日間は落水・かけ流しはさけてください。(漏水しやすい圃場では効果が不安定になります。)

    • 効果を安定させるために水深を3cm以上確保してください。

    適用表 PDFで適用表を見る

    ※赤字部分は3か月以内の適用拡大または変更のあった部分です
    作物名 適用病害虫名 使用量 使用時期 本剤の使用回数 使用方法 ピロキロンを含む農薬の総使用回数
    いもち病 3〜4kg/10a 葉いもちに対しては初発10日前〜初発時 穂いもちに対しては出穂30日前〜5日前まで 2回以内 散布 3回以内(直播でのは種時又は移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)
    もみ枯細菌病 4kg/10a 出穂30日前〜5日前まで 2回以内 散布 3回以内(直播でのは種時又は移植時までの処理は1回以内、本田では2回以内)

    使用上の注意

    効果・薬害等の注意

    • 散布に当っては、田水深を3 cm以上にし、散布後少なくとも3〜4日間は湛水状態を保ち、散布後7日間は落水、かけ流しはしないでください。なお漏水の激しい水田では使用をさけてください。

    • 葉いもちに対する初発時の散布は、多発の場合、効果が劣ることがあるので、散布時期に注意してください。

    • もみ枯細菌病に対しては、効果が劣る場合があるので本病を主体とした防除には使用せず、穂いもちとの同時防除としてください。

    • 本剤の使用に当っては使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合には病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。

    安全使用上の注意

    • 本剤は眼に対して刺激性があるので、眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。

    • かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意してください。

    環境保護上の注意

    • 水産動植物(魚類)に影響を及ぼすので、養魚田では使用しないでください。

    貯蔵上の注意

    • 直射日光をさけ、なるべく低温で乾燥した場所に密封して保管してください。