農薬ラベル更新情報一覧

  • 適用拡大

    • 「ばれいしょ」に使用方法「無人航空機による散布」を追加
  • 適用拡大

    • 「かんしょ」、適用病害「基腐病」、使用方法「無人航空機による散布」の希釈倍数を「12~32倍」(使用液量1.6L/10a)に変更
  • 適用拡大

    • 「移植水稲」および「直播水稲」の使用方法に「水口施用」を追加し、「湛水散布、水口施用又は無人航空機による散布」とする
  • 適用拡大

    • 「はくさい」に適用病害虫「シロイチモジヨトウ」を追加
    • 「しょうが」に使用方法「無人航空機による散布」を、希釈倍数「20倍」及び使用液量「1~2L/10a」と希釈倍数「32倍」及び使用液量「3.2L/10a」で追加
    • 「きく」に適用病害虫「オオタバコガ」を追加
    • 「さくら」を追加
    • 「樹木類(さくらを除く)」を追加
  • 2022-04-20

    ボクサー

    適用拡大

    • 「たまねぎ」の希釈水量を「100L/10a」から「100~200L/10a」に変更
  • 適用拡大

    • 「キャベツ」に使用方法「無人航空機による散布」を追加
    • 「はくさい」に使用方法「無人航空機による散布」を追加
    • 「ブロッコリー」の希釈倍数「2000倍」に適用病害虫「ハスモンヨトウ」を追加
    • 「ブロッコリー」に使用方法「無人航空機による散布」を追加
    • 「にんじん」の希釈倍数「2000倍」に適用病害虫「ホモノハダニ、ハスモンヨトウ」を追加
    • 「非結球あぶらな科葉菜類(のざわな、チンゲンサイ、こまつなを除く)」を「非結球あぶらな科葉菜類(なばな類、のざわな、チンゲンサイ、こまつなを除く)」に変更
  • 適用拡大

    • 「稲(箱育苗)」の適用病害虫名「イネドロオイムシ」及び「イネミズゾウムシ」に希釈倍数「高密度には種する場合は50g/10a(育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り2.5~5g(希釈倍数100~200倍))」、使用液量「育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り0.5L」を追加
    • 「稲(箱育苗)」の適用病害虫名「イネドロオイムシ」及び「イネミズゾウムシ」に希釈倍数「高密度には種する場合は50g/10a(育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り2.5~5g(希釈倍数200~400倍))」、使用液量「育苗箱(30×60×3cm、使用土壌約5L)1箱当り1L」を追加
  • 適用拡大

    • 「なす」に適用場所「温室、ガラス室、ビニールハウス等密閉できる場所」及び使用方法「常温煙霧」を追加
    • 「きゅうり」に適用場所「温室、ガラス室、ビニールハウス等密閉できる場所」及び使用方法「常温煙霧」を追加
  • 適用拡大

    • 「たまねぎ」の適用病害虫「白色疫病」の希釈倍数を「500~1000倍」に変更
    • 「未成熟そらまめ」とその適用病害虫「疫病」を追加
  • 適用拡大

    • 「ねぎ」に使用方法「無人航空機による散布」を追加
    • 「たまねぎ」に使用方法「無人航空機による散布」を追加
    • 「ブロッコリー」とその適用病害虫「べと病」を追加
    • 「バジル」とその適用病害虫「べと病」を追加
  • 適用拡大

    • 「小麦」及び「大麦」の使用方法「無人航空機による散布」の希釈倍数「8倍」を「8~16倍」に変更
  • 2022-02-24

    マッチ乳剤

    適用拡大

    • 「トマト」の適用病害虫「ミカンキイロアザミウマ」を「アザミウマ類」に変更
    • 「ミニトマト」の適用病害虫「ミカンキイロアザミウマ」を「アザミウマ類」に変更
    • 「いちご」の適用病害虫「ミカンキイロアザミウマ」を「アザミウマ類」に変更
    • 「きく」の適用病害虫「ミカンキイロアザミウマ」を「アザミウマ類」に変更
  • 適用拡大

    • 「ブロッコリー」及び「レタス」のクロラントラニリプロールを含む農薬の総使用回数について、各々「4回以内(定植時までの処理は1回以内、散布は3回以内)」を「4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の処理は3回以内)」に変更
    • 「ねぎ」のクロラントラニリプロールを含む農薬の総使用回数について、「4回以内(灌注は1回以内、散布は3回以内)」を「4回以内(灌注は1回以内、定植後の処理は3回以内)」に変更
  • 適用拡大

    • 「キャベツ」及び「ブロッコリー」のシアントラニリプロールを含む農薬の総使用回数について、「4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)」を、「4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の処理は3回以内)」に変更
  • 2021-12-22

    アグリメック

    適用拡大

    • 「かんきつ」に適用病害虫「ヨモギエダシャク」を追加
    • 「かんきつ」の適用病害虫名「アザミウマ類」、「チャノホコリダニ」、「ミカンハモグリガ」及び「ミカンサビダニ」に使用方法「無人航空機による散布」を追加